上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.11 鏡餅
なぜ?“鏡”餅なのか?

鏡餅は、お正月にお供えする丸くて平たい餅ですが、なぜ“鏡”餅と呼ばれているのでしょうか?実はこの名称の由来は、お餅の形が昔の鏡の形に似ているところから来ているそうです。昔の鏡は青銅製の丸形で、神事に用いられ、三種の神器のひとつとして祀られていたそうです。


鏡開きの由来

鏡開きは、旧年の無事を神様に感謝しながら、神様に供えた鏡餅をお下がりとしていただく儀式で、餅を食べた者は力を授けられるといわれています。もともとは、江戸時代の武士の間で行われていた習慣でしたが、その後、縁起を大切にする商人の間で広がって庶民にも定着しました。
当時は“1月20日”が鏡開きの日でしたが、三代将軍の徳川家光が1月20日に亡くなったため、この日を忌日として避け、1月11日に変更されて現在に至っています。
(※ただし、現在でも1月20日に鏡開きを行う地域もあります。)

鏡餅は飾るだけでなく、食べてこそ意味があると言うことですね。
鏡開きの日にはお雑煮やお汁粉などにして、おいしく召し上がってください
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://orangecure.blog63.fc2.com/tb.php/277-58aa26d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。